銭湯は公共の施設です。さまざまな年齢の人々が集う場所です。
最近ではマナーを巡ってトラブルになるケースも少なくありません。
だれもが気持ちよく銭湯を利用できるようにしましょう。

入浴の心得

・かけ湯をする

・タオルを湯船に入れない

・大きな声を出して騒がない。

・電気風呂等、一人用湯船は譲り合って利用する。

・子供から目を離さない。

公共浴場は子どもを遊ばせる場所ではありません。
お風呂には皆さんくつろぎに来ています。
走る、飛び込む、泳ぐは危ないです。

・毛染め禁止。

・浴室で洗濯をしない。

・サウナは身体を洗って拭いてから入る。

・サウナの中に下着等を干さない。

・サウナでかいた汗は流してから浴槽へ。

・身体を拭いてから脱衣場へ。

養老温泉からのお願い

・合鍵がありませんので、ロッカーの鍵を持って帰らないで下さい。
(カギを紛失した場合4000円頂きます)

・スマホ等、勝手にコンセントを抜いて充電しないで下さい。

・コインランドリーを使用する際、次に使用するお客様の為に、洗濯・乾燥終了時間に洗濯物を取りに来てください。
紛失や盗難等、一切責任はとりません。



気さくで花好きな女将(右)と、
クワガタ好きな嫁です!

powered by crayon(クレヨン)